昭和車なので水中花を自作してみる

  • 2020.05.08 Friday
  • 11:05
今日も4コマ漫画の時間がやってきました

GOODЯO∀Dす

さて、先日隣の解体屋の専務がうちのフォークリフトに乗る機会があって、

乗るやいなや「これが回らんとダメダメぇ〜」てめちゃ言われた。


このくるくるハンドル?スピンナーハンドル?




固着してるだけなのかもと、シュッコラして取り外ししてみるけれど、






ドライバーの頭に無駄にあるような10円で開けれるようなダミー蓋だし、


ベアリングがついているとか、カラーがおるとか、全然くるくる回るような仕様ではないようです。


M8 1.25のボルトがついているだけ。


なので、既製品は割とするし、面白くないので、昭和車だし水中花のくるくるハンドルを自作してみる事にしました。


天気も良いのでここからは 


「If I Had a Chicken」のBGM(脳内BGM)でお送り致します。(YouTubeみたいに)


取っ払った軍手で滑らすだけの純正ダミーくるくるハンドルは置いていおいて、

キャスターでも突っ込んでおくとする。



さてさて、ネットで「水中花 シフトノブ 自作」で出てくるのが「レジン」ていう溶剤なのですが、

わりと發い里如△Δ舛砲△襭藤劭个陵郎泙任笋辰討澆襦

型の候補はこの3点。


R1はシフトノブならば適しているようだ

BifiXは酸味がきつくて美味しくなかった。

くるくるハンドルに適しているのは右の油差しかなという感じ、

ただ、表面がブツブツしているので(裏はすべすべしているかもしれないけれど)そのあたりがどうかといったところ。


水中花なので中に入れる物を選定。






イメージはこんなところです。




つづく


コメント

<a href=https://navek.by/pamyatniki-v-bobrujske>памятники в бобруйске</a> - памятники в круглом, изготовление памятников в могилеве
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM